まつ毛が伸びる方法、おすすめのアイデアを5つ紹介!
161views

まつ毛が伸びる方法、おすすめのアイデアを5つ紹介!

まつ毛が伸びる方法は、まつげを保湿したり、直接栄養を与えるなど、さまざまな方法があります。また、最近では、まつげの発毛やボリュームアップに着目した商品(まつげ美容液やまつげ育毛剤など)も、数多く出回るようになりました。

長く、美しいまつげは、女性の憧れ!

長く、美しいまつげは、女性の憧れ!まつげが長くなると、目が大きく見える、小顔効果がアップするなど、うれしい効果が沢山あります。また長く、しなやかなまつげは、女性らしく美しい印象を与えます。ここでは、まつげを伸ばす「おすすめのアイデア」を5つご紹介します。もちろん、エクステやつけまつげではなく「地まつげ」を伸ばす方法だけを厳選して、取り上げています。まつげが伸びずにお困りの方は、本記事で取り上げる「まつ毛が伸びる方法」を参考にしてみてください。

まつげが短くなるのはナゼ?

つけまつげや、まつエク(まつげエクステ)のし過ぎは「地まつげ」が抜けやすくなるので、あまりおすすめしません。健康で美しいまつげを伸ばすには、できるだけ、まつげに優しい方法を取り入れましょう。また、ストレスが原因で、まつげが抜け落ちることも多いです。フサフサのまつげを生やすには、できるだけストレスをためずに、リラックスした時間を取るようにしましょう。また、食事のバランスや睡眠不足にも気をつけて、規則正しい生活を送ってください。

まつげを伸ばすコツ1「馬油を使う」

昔から「馬油は肌に良い」と言われていますが、馬油は、まつげを伸ばすのにも良い効果があるようです。実際、まつげに馬油を塗ると(まつげから)産毛が生えたり、全体的にまつげが濃くなったという声が多く上がっています。馬油は、天然の成分(馬の油)を使用しているため、顔やまつげにも優しく安全に使用でき、肌の弱い方にもおすすめのアイテムです。

まつげを伸ばすコツ2「シアバターを塗る」

シアバター(シアーバターノキと呼ばれる植物から採取された脂肪成分)は、肌の保湿、肌トラブルの改善に効く成分ですが、まつげにも良い効果(まつげの育毛効果)があります。毎日、適量のシアバターをまつげに塗り込んでみてください。徐々にまつげのボリュームや濃さに変化が表れるはずです。

まつげを伸ばすコツ3「ワセリンを塗る」

自宅にワセリンがあればまつげに塗ってみましょう
自宅にワセリンがあれば、綿棒の上にのせて、まつげに塗ってみましょう(目に入らないように注意)。時間は掛かりますが、3カ月〜半年ほど続けると「まつげが伸びた!」という声や「まつげが長くなった」という声が多く報告されています。

まつげを伸ばすコツ4「まつげ美容液を使う」

コスメの各ブランドやメーカーから「まつげ美容液」が、発売されています。まつげ美容液には、まつげの成長に良いとされる、栄養分や保湿成分が含まれているようです。また、多くのまつげ美容液は「マスカラタイプ」になっているので、塗りやすく、毎日手軽にまつげのケアが続けられます。

まつげを伸ばすコツ5「まつげの育毛剤を使う」

まつげ育毛剤は、より「まつげの発毛」を重視した商品です。価格は手ごろなものから、高価なものでは1万円を越えるものまで、ピンキリです。実際に、まつげの育毛剤で「長くなった」という声が沢山上がっていますが、ネックとなるのは、価格帯です。お財布と相談する必要がありますが「根元からまつげを生やしたい!」という方は、まつげの育毛剤を試してみるのも良いでしょう。また(まつげ育毛剤の)ジェネリック製品であれば、比較的手頃な価格で購入できます。

まつげを伸ばす・注意するポイント!

まつげを伸ばす・注意するポイント!
ここまで紹介した通り、それぞれの「まつげを伸ばす」アイテムは「保湿と栄養」がキーワードになっていました。まつげに直接栄養を与えることも大切ですが、身体の内側から(普段の食事から)栄養を補うことも大切です。また、保湿を行うため、まつげが乾燥しないように注意したり、生えたまつげが抜けないように「ストレスをためない生活」を心がけるようにしましょう。

PR