夏の毛穴対策方法は洗顔と保湿!夏の毛穴対策におすすめのコットンパック
70views

夏の毛穴対策方法は洗顔と保湿!夏の毛穴対策におすすめのコットンパック

夏は暑さで毛穴が開いてしまうため、皮脂が多く分泌し、普段よりもメイクのノリが悪いなと感じる方が多いかもしれません。夏の毛穴対策のポイントは、洗顔と保湿です。夏におすすめの洗顔方法やコットンパックで保湿をする方法についてご紹介しましょう。

夏の毛穴対策はやさしく洗顔!たっぷり保湿!

夏の毛穴対策に大切な2つのことは、毛穴につまった汚れを取り除くためにしっかり洗顔をすることと、肌を保湿で潤して皮脂の過剰分泌を防ぐことです。

まずは、夏の毛穴対策のための洗顔方法をご紹介します。

夏の毛穴対策のための洗顔3つのポイント

夏の毛穴対策のための洗顔3つのポイント

夏は汗をかくため、シャワーや洗顔の回数が増えるでしょう。

ただ、何度も洗顔をすることで、肌に必要な皮脂まで落としてしまうことにつながります。皮脂を落としすぎないように、洗顔をすることが大切です。毛穴を詰まらせる余分な皮脂を落とす洗顔ポイントをご紹介しましょう。

【朝の洗顔ポイント】

朝の洗顔は、ベタつくおでこや鼻、あごの周辺を特にしっかりと洗顔をし、頬や目元、口元などは乾燥しがちのため軽めに洗顔を行います。

洗顔フォームは、そのまま顔につけずに、ふわふわの泡状に泡立ててからつけることが大切です。指の腹で円を描くようにやさしく洗いましょう。

【夜の洗顔ポイント】

洗顔フォームをふわふわに泡立てて鼻の毛穴を重点的に

メイク落としでメイクを落とした後は、毛穴が目立ちやすい鼻の部分の皮脂汚れを落とすために泡洗顔をしましょう。朝の洗顔と同じように、洗顔フォームをふわふわに泡立てて鼻の毛穴を重点的に洗います。その後、毛穴の汚れが気になる頬やあご、額の部分に泡をつけて洗っていきましょう。

【汗をかいたときには早めに洗顔】

汗をかいたにも関わらず、顔を洗わずにそのままにしておくと、毛穴に皮脂や汗が溜まってしまい、だんだんと酸化していきます。なるべく早めに汚れを洗い流すために洗顔をすることが大切です。

夏の毛穴対策になぜ保湿が大切なの?

夏の毛穴対策になぜ保湿が大切なの?

夏はベタつくのが嫌で化粧水や乳液をいつもより少なめにしているという方はいらっしゃらないでしょうか?

それは間違いです。保湿をしっかりとしておかなければ、肌が乾燥してしまうと考えてしまい、油分を大量に分泌してしまいます。その結果、毛穴がつまってしまうことになりかねません。

さらに、夏は強い紫外線から皮膚を守るために、角質層が厚くなります。溜まった角質と皮脂が混ざり合うことによって、白色の角栓となってしまい、毛穴が目立ってしまいます。そうならないためにも、肌の乾燥を防ぐためにしっかりと保湿ケアをすることが大切なのです。

夏の毛穴対策のための保湿はコットンパックで!

夏の毛穴対策のための保湿はコットンパックで!

洗顔後に化粧水と保湿クリームで保湿対策をしていると思いますが、夏の毛穴対策のためには、コットンパックでの保湿がおすすめです。

【化粧水でコットンパック】

普段使っている化粧水をコットンにおとして、コットンパックをしましょう。

手で化粧水をつけるよりも、しっかりと肌になじませることができます。1枚のコットンに化粧水をつけて、最初はパッティングをして化粧水を肌に入れていきます。その後、コットンを半分はがして毛穴が目立つ頬の部分にはりつけてパックをしましょう。

顔全体をパックしたい場合は、化粧水を含ませることができるフェイスパックもあるので、それを使うと便利です。

【オリーブオイルのコットンパック】

オリーブオイルのコットンパック

乾燥が気になる部分は、オリーブオイルを使ってコットンパックをしましょう。オリーブオイルをコットンになじませ、目元や口元など乾燥しやすいところにのせていきます。1分程度したら、コットンをはがして余分なオイルをホットタオルで拭き取りましょう。

【保冷剤のコットンパックで毛穴を引き締め】

毛穴の開きが気になるという方におすすめなのが、保冷剤を使ったコットンパックです。

手のひらにのるくらいの小さめの保冷剤の上にコットンを置き、その上から化粧水をたらします。そして、コットン全体に化粧水がなじんだら、保冷剤と一緒にコットンを肌にあてていきましょう。お風呂上りに続けると、毛穴が引き締まっていくのを感じますよ。

PR