丸顔はほうれい線が出来やすいって本当!?
49views

丸顔はほうれい線が出来やすいって本当!?

丸顔はほうれい線が出来やすい傾向があります。その理由は頬に脂肪がたくさんついているからです。ほうれい線を防ぐためには、表情筋を鍛えて、頬の筋肉量を増やしましょう。ほうれい線があると実年齢よりも上に見られやすいため、出来ないように毎日、頬の筋肉を鍛えましょう。

丸顔はほうれい線が出来やすいのには理由があった!

頬についた脂肪が原因でした

頬についた脂肪が原因でした

丸顔はほうれい線が出来やすい傾向があります。それには理由があり、顔についている脂肪が原因となります。逆三角形型の顔の方の場合、頬に脂肪があまりついていないため、ほうれい線は出来にくくなります。

丸顔の人は、頬の筋肉が弱っている!?

丸顔の人は、頬の筋肉が弱っている!?

丸顔の人の場合、頬に沢山の脂肪がついています。頬に脂肪がついてしまう原因は、あまり顔の筋肉を使っていないからです。丸顔の人の場合、頬の筋肉量よりも脂肪量が多いため、ほうれい線が出来やすくなってしまうので要注意です。

ほうれい線があると顔が老け顔に!

実年齢よりも高く見られてしまいます

実年齢よりも高く見られてしまいます

ほうれい線があるだけで、実年齢よりも高く見られてしまう確率が高まります。ほうれい線は年を取れば出来るものだと諦めていてはいけません。このまま放置しておくとほうれい線の溝が深まり、ますます老け顔になっていきます。

年齢が若くてもほうれい線が出来てしまうことも!

年齢が若くてもほうれい線が出来てしまうことも!

実はほうれい線は年齢が若くても出来てしまうこともあります。

肌が極端に乾燥している方や、顔にむくみがある方、骨格の歪みによるものなどがあります。日常のスキンケア方法が間違っており、若くても肌が極端に乾燥していることもあります。アルコールや塩分の取り過ぎもむくみの原因になります。

他にも十分な睡眠が取れていない場合や、顔を下に向けたまま、スマホやパソコンを長時間行なっている場合も、頬がたるみやすくなるため、ほうれい線が出来やすくなります。

若くてほうれい線が出来る方の対処方法は?

スキンケア方法を見直しましょう。

スキンケア方法を見直しましょう。

肌の乾燥が原因で、ほうれい線が出来てしまう場合もあります。しっかり化粧水で保湿をしてから乳液などの油分を薄く塗り、水分が逃げていかないようにしましょう。

睡眠時間をしっかり取ること

若くてほうれい線が出来る原因の一つに睡眠不足があります。睡眠不足状態が続くと、顔がむくみやすくなるので気をつけましょう。

常に正しい姿勢を取ること

ほうれい線は、骨格の歪みが原因の場合もあります。猫背気味だったり、片足を組む癖、顎の歪みなどがある場合、顔の骨格にも歪みが生じ、丸顔になってしまうこともあるので、普段から正しい姿勢を心がけましょう。

表情筋を鍛えるには?

よく笑いおしゃべりするだけでも効果あり!

よく笑いおしゃべりするだけでも効果あり!

ほうれい線を防ぐには、とにかく顔の筋肉を鍛えることです。よく笑い、よくおしゃべりするだけでも、自然に表情筋を鍛えることが出来ます。顔のマッサージも有効なので、マッサージケアをするのもよいでしょう。

舌をまわしてほうれい線を撃退!

簡単に出来るほうれい線撃退方法があります。それは、口を閉じたまま舌を歯や歯茎に添わせるようにしてゆっくりと回すだけです。20回程続けるだけで、口周りの筋肉を鍛えることが出来ます。テレビを見ている時間を利用してトライしてみてはいかがでしょうか。

首回しも効果あり

ほうれい線撃退法は、首回しでも効果があります。左右ゆっくりと首を回しをそれぞれ5回行ないましょう。

リンパマッサージをしましょう。

両手の指を添わせるようにして、両耳の後ろから首のつけ根に向かって、さするようにリンパマッサージを行ないましょう。最後に鎖骨のくぼみに指を当てて、肩へ向かうように押していきましょう。

PR