ほうれい線はいつ頃から予防すれば良いの?ほうれい線の予防時期と対処法
76views

ほうれい線はいつ頃から予防すれば良いの?ほうれい線の予防時期と対処法

ほうれい線がある人は、ない人に比べて老けて見られてしまいます。できればほうれい線はつくりたくありませんよね。ほうれい線はいつ頃から予防をすれば良いのでしょうか?ほうれい線はどのようにつくられていくのか、ほうれい線の対処法についてご紹介しましょう。

ほうれい線はいつから予防する?

ほうれい線はいつから予防する?

ほうれい線があるのとないのとでは、見た目の年齢がまったく違いますよね。なるべくほうれい線をつくらないようにするためには、ほうれい線はいつ頃から予防をすれば良いのでしょうか?

ほうれい線ができる仕組みやほうれい線の予防時期、予防法などをご紹介しましょう。

ほうれい線ができる仕組み

ほうれい線ができる仕組み

ほうれい線は、小鼻から口角の方向にできるシワのことで、30代過ぎくらいから目立ち始めます。ほうれい線ができてしまうのは、年齢を重ねることに伴って頬の筋肉が落ちることでたるみが生じるからです。

また、ほうれい線は、毎日のスキンケアを怠ることによっても生じてしまいます。肌が乾燥をしてしまうと、ハリと弾力を失ってしまいシワとなってしまうのです。紫外線の光で肌が老化をすることでもハリや弾力が失われるため、紫外線対策が大切になります。

毎日パソコンやスマホをして目が疲れていると、ほうれい線ができやすくなります。目の下のたるみは、長時間のパソコンやスマホなどで目が疲れることによっても起こります。目の疲れの蓄積によって、目の筋肉と口の筋肉をつなぐ上唇挙筋がこり、ほうれい線となって表れます。

煙草を吸う習慣がある方は、ほうれい線ができやすくなります。喫煙によって体内のビタミンCが壊されて、肌がハリを失ってしまいます。

ほうれい線はいつから予防すれば良いの?

ほうれい線はいつから予防すれば良いの?

加齢や筋肉の衰え、肌の乾燥や紫外線など、ほうれい線ができる原因は私たちの生活の中に多く潜んでいます。では、ほうれい線を作らないようにするためには、いつごろから予防をすれば良いのでしょうか?

ほうれい線の予防時期は、早ければ早いほど良いといわれています。ほうれい線が目立ち始めるのは30代を過ぎてからなのですが、予防をするのは20代から始めるようにしましょう。

20代のころから、ほうれい線のことを考えたスキンケアをすることで、年齢を重ねてもほうれい線ができにくくなります。

ほうれい線の対処法

ほうれい線の対処法

ほうれい線を予防するためには、どのような方法があるのでしょうか?ほうれい線予防のためのマッサージやエクササイズ、スキンケア方法をご紹介しましょう。

【マッサージ】

ほうれい線ができないようにするためのマッサージをご紹介します。

①保湿クリームを手に取り、顔全体に伸ばします。
②目の周りの骨を、4本の指で軽く抑えるようにしてマッサージをします。
③次にこめかみ、目の下の部分と押さえていきます。
④そして頬の骨、口の周辺をマッサージします。
⑤最後に耳の下から首筋をとおって鎖骨へとリンパを流して終了です。

【エクササイズ】

ほうれい線を予防するためのエクササイズを毎日してみましょう。

①口の中に空気をたくさん入れて、頬を1分間膨らまします。
②「いー」と言いながら、口を横にいっぱい広げます。
③「うー」と言いながら、口をすぼめていきます。
④「べー」と思いっきり舌を出して声も出します。
⑤これを10回繰り返します。

【スキンケア方法】

ほうれい線は、肌の乾燥が原因でできてしまうため、毎日のスキンケアが大切です。保湿力が高い化粧水を使い、保湿クリームで肌の乾燥を防ぎましょう。

PR