ほうれい線の改善方法とは?ほうれい線をすっきりきれいにする方法
225views

ほうれい線の改善方法とは?ほうれい線をすっきりきれいにする方法

ほうれい線が深いと、老けてみられてしまいますよね。できてしまったほうれい線を改善するための方法をご紹介しましょう。ほうれい線の改善方法は食べ物、エクササイズ、保湿ケアの3つあります。毎日欠かさず行うことで、少しずつ改善がみられるようですよ。

ほうれい線をきれいにする方法とは?

ほうれい線をうすくするためには、毎日の食べ物に気を配りましょう。そして、お風呂上りや寝る前など、自分で時間を決めてエクササイズをすることも大切です。さらに、毎日のフェイスケアで保湿をしっかりと行うことも必要です。

ほうれい線の改善方法を3つご紹介します。

ほうれい線の改善方法【食べ物】

キウイフルーツはほうれい線や顔のたるみをとるためにおすすめです

ほうれい線を改善するためには、毎日の食生活に注意してみましょう。ほうれい線に良い成分をとることによって、体の内側からだんだんと改善されていきます。

ほうれい線や顔のたるみをとるためにおすすめの食べ物は、鮭とキウイフルーツです。

肌のハリは体の内側からつくられるコラーゲンの量で決まってきます。コラーゲンのもととなるのは、タンパク質です。鮭の皮にはコラーゲンがしっかりとつまっているので、鮭を食べるときには、皮も残さずに食べるようにしましょう。

また、サケは赤い色をしていますよね。この色はアスタキサンチンという物質で、抗酸化作用があります。抗酸化作用のある食べ物は、肌を紫外線によるダメージから守ってくれます。コラーゲンは、夜寝ている間につくられるので、鮭はなるべく夕食として食べるのがおすすめです。

キウイフルーツは、ビタミンCがたっぷりあるので、コラーゲンとあわせてとると良い食べ物です。毎日果物を食べることが難しい場合は、サプリメントなどで代用しても大丈夫です。

ほうれい線の改善方法【エクササイズ】

ほうれい線をうすくするためには、フェイスエクササイズをすることも大切

ほうれい線をうすくするためには、フェイスエクササイズをすることも大切です。2つのフェイスエクササイズをご紹介しましょう。

【舌まわしエクササイズ】

ほうれい線を改善するためのエクササイズに、舌まわしエクササイズがあります。
やり方はとっても簡単!口を閉じて舌をまわすだけです。

①歯茎のまわりにそって、右回りに舌を20回まわします。

②今度は反対側の左回りに舌を20回まわします。

③1日に5セット行えば、だんだんとほうれい線が改善されます。

【あいうえおエクササイズ】

ほうれい線改善のあいうえおエクササイズをご紹介します。

①口元に力を入れて、大きく「あ」の形をします。

②頬に力を入れて、口角を持ち上げるように「い」の形をします。

③小さく口をすぼめて、「う」の形をします。

④舌を思い切り出して上にあげるようにして「え」の形をします。

⑤鼻の下を伸ばすようにして「お」の形をします。

また、リンパの流れをよくすることで、ほうれい線を改善することができます。

【リンパの流れ改善エクササイズ】

①あごの張っている部分から内側1センチのところに親指をあてて、あごの下にひとさし指をあててぐぅーっと力を入れて押していきます。

②唇の口角の部分に親指をあてて押します。

③最後にあごの付け根に親指をあて、小鼻にひとさし指をあてて押します。

ほうれい線の改善方法【保湿ケア】

朝も保湿クリームと美容液を使うようにしましょう

ほうれい線が目立ってしまうのは、肌が乾燥をしているせいでもあります。肌の乾燥を改善するためには、保湿機能を高めることが大切です。

保湿機能を高めるためには、洗顔後の保湿が大切です。保湿クリームや美容液は夜のみ使うという方が多いかもしれませんが、お肌の保湿機能を高めるためには、朝も保湿クリームと美容液を使うようにしましょう。

美容液にはいろいろな種類がありますが、セラミド系の美容液がおすすめです。たるみ対策やキメ対策の美容液もあります。自分の肌にあった美容液を選ぶようにしましょう。

PR