顔の吹き出物の原因はやっぱり不摂生が原因?!対処にはオイルが有効!
87views

顔の吹き出物の原因はやっぱり不摂生が原因?!対処にはオイルが有効!

顔の吹き出物の原因は睡眠不足や食事内容が悪いなどの日頃の不摂生が原因であることが多いようです。とくに精製された炭水化物と肉食には注意が必要です。このような生活を改めると共に、できてしまった吹き出物は正しく対処しましょう。吹き出物はオイルを使ってケアすることで早く、そして患部が広がることなく治ります。

顔の吹き出物の原因

顔の吹き出物の原因

若いころにはニキビと呼ばれていた湿疹も20歳を超えると吹き出ものになります。これはエイジハラスメントではなく、思春期のころにできるニキビと成人してからの吹き出ものは見た目が似ていますができる理由や原因、そして対策が異なるため呼び名が違うのです。

吹き出物は不摂生の証拠?

吹き出物は不摂生の証拠?

成人すると、基本的には顔に吹き出ものができにくくなります。それは成人すると男女ともにホルモンバランスが安定してくるためです。そして、成人後の吹き出物の多くは不摂生が原因であることが多いようです。思春期のころは健康的な生活をしていても出ますが、成人してからは健康的な生活では基本的に吹き出物はでないと言われています。

睡眠不足は吹き出物の原因に?

睡眠不足は吹き出物の原因に?

しかし、成人してからもひどい吹き出物が出る人もいます。

この場合には体質もありますが、思春期のころの睡眠が十分でなかった可能性があります。とくに夜11時以降まで起きていることが多かった人は成人してもホルモンバランスや自律神経が乱れやすくなると言われています。そのため、そのホルモンや神経の乱れから吹き出物が出やすくなるのです。このような場合でも睡眠をきちんととるように心がけることで20代後半までには吹き出物は落ち着くと言われています。

それでも吹き出物ができてしまった場合にはどのようにすればいいのでしょうか?

吹き出物ができたときにもっとも重要なことは素手や消毒をしていない手で吹き出物やその周辺を触らないことです。吹き出物の周辺は雑菌が繁殖しやすい状態になっています。そして、その雑菌によって吹き出物の範囲が広がったり、吹き出物に硬い芯ができるようになります。このような吹き出物を悪化させないためにも、吹き出物は絶対に触ってはいけません。

吹き出物を早く治すには

吹き出物を早く治すには

吹き出物を早く治すためには適切に患部を消毒してケアすることが大切です。

まずは手と顔をよく洗います。このとき使用するのはオーガニックの固形石鹸を使うようにします。できるだけ、刺激の少ない石鹸を用いるほうが患部に負担をかけないため有効です。そして、手と顔をきれいにしたら手に少量のひまし油、もしくはココナッツオイルととり、吹き出物とその周辺に塗ります。

吹き出物は油が原因なのに、さらにオイルを塗って悪化するのではないかと心配する人もいますが、実は油には殺菌作用があります。また、植物性のオイルは質がよく、質の悪い油を取り除く効果も期待できます。最後に残ったオイルを手に広げて、それで顔全体に薄く油を塗るようにします。オイルを塗ることで肌の乾燥を防ぐとともに顔の雑菌をコントロールするすることができます。

食事も吹き出物の原因に!

食事も吹き出物の原因に!

吹き出物の原因になるのはフェイスケアだけではなく、食事の内容にも原因があります。

例えば、動物性の脂質の多い食事や精製された炭水化物の摂取などは血液を汚すため皮膚の状態を悪化させると言われてます。精製された炭水化物には白米や小麦のほか、砂糖も含まれます。普段口にしている食べ物の中に肉やこれらの食品が多く含まれている場合には控えるようにし、食事は野菜を多めに摂取することを意識しましょう。

ただし、脂質の摂取が少なくなると乾燥によって吹き出物が出やすくなるので、ゴマ、アボカド、ナッツ類などを摂取することで脂質もきちんと摂取するようにしましょう。

PR