20歳過ぎても出来てしまう!Uゾーンのにきびはどうしたらいいの?
12views

20歳過ぎても出来てしまう!Uゾーンのにきびはどうしたらいいの?

Uゾーンのにきびは十代にできるにきびとは違い、成人してからできやすい傾向があります。Uゾーンのにきびは生活習慣やホルモンのバランス、食生活に影響されやすいので、原因を改めていけば治すことも可能です。規則正しい生活をすることや、ストレスをためないこと、栄養バランスのよい食生活をすることが大切です。

Uゾーンのにきびは大人の証拠?

思春期のにきびと違いがあります。

思春期のにきびと違いがあります。

にきびというと、若い世代が思春期の頃に悩まされるものだと、多くの方が思っているのではないでしょうか。

しかし不摂生な生活や、栄養バランスの悪い食事、ホルモンのバランスが悪くなると、大人女子でもにきびができやすくなるのです。

Uゾーンのにきびは、大人ができやすいにきびでもあるのです。

Uゾーンのにきびができる原因とは?

社会人になるといろいろあるんです

社会人になるといろいろあるんです

Uゾーンのにきびは、社会人となった途端に悩まされてしまうという方も多いのではないでしょうか?

社会人になる前までは、それほどにきびで悩まされたことはなかったのに、就職した途端に、Uゾーンのにきびに悩まれることがあります。

Uゾーンのにきびができる原因には、ストレスや、睡眠不足、食生活の乱れが挙げられます。

社会人になり、職場でストレスがある毎日を過ごしていると、自律神経の働きも乱れてしまい、ホルモンバランスも崩れてしまうため、にきびができやすくなるのです。

社会人となると、こうした生活スタイルからなかなか抜け出すことができないため、にきびがなかなか治らず悪化してしまうこともあります。

乾燥とメイクが原因ということも!

乾燥とメイクが原因ということも!

顎などにUゾーンのにきびが出来てしまうと、なんとか隠したいと思うのが女心というものです。

にきびが出来てしまったUゾーンをメイクで誤魔化そうとすると、ますます症状が悪化してしまうので注意しましょう。

もともと顎があるUゾーンは乾燥しやすい部分でもあります。また乾燥が進むと、乾燥を補おうとして、皮脂が分泌されやすくなります。

そうした皮脂の分泌によって、ますますUゾーンのにきびが治りにくくなってしまうという悪循環をたどってしまうのです。

Uゾーンのにきびのお手入れ法は、保湿をすることが重要です。

すでに赤く炎症してしまうほどにきびが悪化してしまった方は、自己流のお手入れをするよりも、真っ直ぐに皮膚科へ行って炎症をストップさせるための塗り薬を処方してもらいましょう。

予防するには

ストレスはためないこと

ストレスはためないこと

社会人にできやすいUゾーンのにきびですが、社会人になれば誰もが多少なりのストレスは感じるものです。

しかしあまりにもストレスの影響を受け続けると、にきびが出来やすくなってしまうので、自分なりのストレス解消方法を見つけておきましょう。

ストレスを感じたら、こまめに解消していくことも大切です。

美味しい物を食べたり、音楽を聞いたり、ゆっくりお風呂に浸かるなどして、自分なりのリラックス方法を見つけましょう。

睡眠はたっぷり、皮脂の多いファストフードは避ける

睡眠はたっぷり、皮脂の多いファストフードは避ける

にきびを予防するには、たっぷりと睡眠をとることが大切です。

また食生活も和食中心で栄養バランスの整ったメニューにしましょう。皮脂の取り過ぎは、にきびの原因となります。ファストフードやカップラーメン、コンビニのお弁当には、多くの油が使用されています。
また人工的に作られたマーガリンなどの油の中には、身体の中で消化できない油が含まれており、それがにきびの原因となってしまうこともあります。

カップラーメンやコンビニのお弁当の中には、多くの添加物や脂肪、油が含まれており、こうした油は毛穴が詰まってしまう原因ンとなってしまいます。

たまにいただくのは良いのですが、頻繁に取り過ぎると、肌や身体にも悪影響を及ぼします。

にきびのない美肌を作るには、やはり昔から食べられてきた和食が一番かもしれません。

PR