お腹ニキビをきれいに治したい!お腹ニキビができる原因とケア法を解説
5,290views

お腹ニキビをきれいに治したい!お腹ニキビができる原因とケア法を解説

お腹ニキビは治りにくい上に、肌が柔らかいため跡が残りやすいものです。しかしできてしまったお腹ニキビはじっくりケアしていくと少しずつ改善する期待がもてます。お腹ニキビのできる原因とケア法について説明します。

お腹ニキビはなぜできる?

食生活の影響

食生活の影響
お腹にできるニキビは、毎日の食生活が影響している可能性があります。

脂っこいものが好きな方や濃い味付けのものが好きな方は、不要なものがたまりやすくそのためニキビとして肌に現れやすくなります。

また、野菜もバランスよくとっていないといらないものの排出がスムーズにできなくなり、便秘にもなりがちです。内臓の調子は肌を見ればわかるといわれるほどのため、お腹にニキビができたときは内臓が弱っているかもと食生活を振り返る必要があるでしょう。

便秘から

腸内に善玉菌が多いと排出がスムーズで便秘の心配もほとんどありませんが、悪玉菌が多くなると便秘になります。さらに、便秘が続くと悪玉菌は増殖しやすくなり一層ひどい便秘に。

腸内環境が改善できず便秘が続いていると、悪玉菌が出す毒素が血液中にとけこんで全身にいきわたりその結果お腹ニキビとして肌表面に現れてきます。

環境の変化

冬のように乾燥する季節には、肌が乾燥を感じて皮脂の分泌を増やす傾向にあります。

また夏のような暑い季節には肌が汗や脂汚れで雑菌が繁殖しやすく、お腹ニキビができやすくなってしまいます。

冬であっても暖房がききすぎている、夏の場合も冷房がききすぎているとお腹ニキビができる原因になることも。

お腹ニキビケアはどうする?

清潔な肌の状態を保つ

清潔な肌の状態を保つ
できてしまったニキビをきれいに治すためとそれ以上増やさないために、肌は清潔を保つ必要があります。しかし、ニキビのあるお腹の肌は敏感になっているので刺激の強いボディソープなどの使用は避けましょう。

低刺激で添加物の少ない石けんなどを使い、泡でやさしく洗います。ごしごしと強い力で洗うことも刺激になってしまうため、スポンジは使わず手のひらでやさしくあらいましょう。

ニキビケア化粧水を使う

スキンケア化粧品の中には「ニキビケア用」と書かれているものがありますが、そちらを選びます。一般的なスキンケア化粧品とは違って、ニキビケアに役立つ薬用成分や肌の改善にうれしい成分が配合されたものです。

「専用」とはいっても、つけてすぐに改善されるものではないため継続してお手入れしていく必要があります。

~たとえばこんなオススメ商品~

☆☆オラクル☆☆

自社農園からの70種類以上の植物成分
梨花も愛用のスキンケアセット
oracle01
今ならトライアルセットが
通常7,000円(税抜)⇒1,600円(税抜)

☆☆ライースリペア☆☆

国産米から作られたライスパワーエキスNo.11の驚きの保湿効果
30歳を過ぎても若く見える女性のすごすぎるスキンケアの秘密♡

RR_img

今ならトライアルキットが
通常8,400円(税抜)⇒2,500円(税抜)

食生活の見直し

日頃の食生活の偏りを見直し、バランスの良いものへかえていきます。

脂っこい食事の回数を減らして野菜をたっぷりとること、インスタント食品や加工食品だけに頼らず手作りの品をふやすこと、冷たいものばかりでなく温かい食事をとるなどです。胃腸にやさしい、便秘解消のための食事を続けるとお腹ニキビの改善にもつながっていきます。

代謝アップのために汗を流す

代謝アップのために汗を流す

内臓の働きが活発になると、老廃物や不要物の排出もスムーズになりためこまない体になっていきます。

そのためには体を動かして血流を上げることも一つの方法です。また、体を動かせば汗もかくため汗から毒素を外へ出すことも可能。運動中は水や麦茶、薄めのスポーツドリンクを飲むとスムーズに汗が流せます。

酵素を取り入れる

体内の代謝にかかせないのが酵素ですが、体の中にある酵素には限りがあるため上手に補うことで便秘を解消・予防し、同時にお腹ニキビの改善・予防につながるでしょう。

酵素はタブレットやドリンクなど、さまざまな形で販売されており使いやすいスタイルで食生活の中に取り入れることができます。

PR